2005. 3/6〜11奏絃楽打のメンバーで六日間の小笠原クルージングに行って来ました!!
  
寒冷前線の通過にともない海はシケて、船はたっぷり揺れました。らくだは全員アッサリ船酔い。薬を飲んで部屋でダウン(;_;)やっぱりジャンクフード食べ過ぎたかな?いやいや食後の風呂が悪かったのかな?だってお湯が揺れて海の中で入ってるみたいで、楽しくってみんなで長風呂しちゃったんだもんっ
しか〜し一晩寝たらすっかり復活!健康的に朝ご飯をタップリ頂き、満腹になってまたお昼寝でなく朝寝。また昼ご飯をガッツリ頂きまた仮眠。夜のコンサートリハーサルをして晩ご飯を食べていざ本番!揺れてる船での演奏はなかなかシンドイ。イスから落ちないようにふんばったり、立ってる時はスタンドにしがみついたり、ピアノも揺れる度に動いてたって。何かと大変でしたがとにかく演奏も無事終了。お疲れ〜。では夜食を食べにレッツゴー!ってイッタイ何食食べるんじゃいっ!!こんな生活をしてたら体重計に乗れなくなっちゃうな…
いよいよ明日は父島上陸(*゜ー゜*)
父島へ上陸〜〜〜 快晴だよ〜っっ
まずは自然と戯れながら30分くらい山登り!
見たことのない植物や鳥たちに会って、感動しまくりでした。鶯と鳴きまね合戦をしながら、やっと展望台に到着!
海が一望できて、クジラ探しに夢中になりました。
「あ〜〜〜!!あそこあそこっっ」
「おぉおおおお〜っっ いたいた〜〜」
と、みんな大興奮!!
ずう〜っと見ていたかったけど、お腹も空いたので山を下りました。

亀の刺身じゃ〜

亀のモツ煮込みじゃぁあ〜


道で面白いタイルを発見
お昼ごはんは「亀の刺身」「亀のモツ煮込み」「島寿司(サワラなどの漬けをネタにカラシで握る島独特のお寿司。)」「島トマト」「島野菜の天ぷら」。亀の刺身って聞いただけでびっくりなんだけど、思ったよりクセがなくて食べやすかったよ〜
モツはさすがに見た目が・・・ きんくみ頑張って一番コワイ所をパクリ。しかし以外や以外
「ここが一番美味しかったかも〜〜」(きんくみ談)
みんなのお気に入りは「島トマト」。おやつ用に農協で箱買いしてしまいました。

ど、どうかな??

ん?!うまいっ
午後はコペペビーチへ。
この名前にぴったりの小さくてかわいい、きれいなベージュの砂浜にグリーンの海が光るビーチでした。
海に入ったり(足だけよん)珊瑚取りに夢中になって、あっという間に時間が経ってしまいました。
明日はクジラに会えるかな〜〜〜
夜らくだのみんなで甲板に出て、ずっと星を眺めてました。
流れ星が5回くらい見れてカンド〜〜m(;∇;)m
ホエールウオッチングへ行ったよ〜
ワクワクしながら船に乗り込んで
いざしゅっぱ〜つ!!


この船でいくよ!!


日差しが強いので
サンバイザーを購入



クジラの親子だよ!!


クジラにあえるかなぁ〜〜??
今の時期はザトウクジラが繁殖と子育てに来ているとのことで、もしかしたらクジラの親子に会えるかもっっ
しばらく行くとちょっと離れたところにクジラの背中が見えた。
おぉお〜〜〜!!いるいる〜〜〜!!すごい〜〜〜!!
クジラのいる方に船が移動しはじめると、「おい、ウミガメだ!!2匹いるぞ!!」とすぐに捕獲準備?!
あっという間にウミガメに近づいたけど、逃げられてしまいました。
内心、ホッ。の反面「あんなに大きい亀が捕れたら【べっ甲】のバチ何個作れるんだろう?」と考えてしまった・・・ ( ̄▽ ̄;)
捕れてもあなたの物じゃありませんからぁ〜〜〜
ざんね〜〜んっっ
今度はクジラの親子だぁ〜〜〜\(^▽^)/
子供がしっぽでパシャパシャと遊びはじめました。か〜わい〜いっっ (☆o☆)
しかも50bくらいまで接近!!ガイドさんも「こんなに見られるのはめずらしいよ」って言ってました。
ラッキ〜〜(≧∇≦)/
父島土産の「ハカラメ」。
和名はセイロンベンケイソウ。
なんで「ハカラメ」と呼んでいるかというと、その名の通り「葉から芽が出る」という不思議な植物なのだ。

【育て方】観賞用としてピンやテープで壁などに止めておくだけで小さな根が出て、やがて芽が出てきます。後は鉢に植え替えてください。

ふむふむ。簡単そうだ。しかも島のあちこちに生えているので入手するのも超簡単!
みんなで道端に生えてるのを何枚かGET。
帰ってきてからどんなもんかと育ててみると(正しく言うと窓辺にほったらかし)、あ〜ら不思議!!見事に根が出て芽が出たわい┌|∵|┘すごい生命力だわ〜。
順調に育つと釣鐘状の赤い花が咲くらしい。
上手に育てられるかなぁ〜?
  
とってもステキな島でした。いつまでも自然が守られてほしいものです。
らくだのみんな、おつかれさま!!
お世話になった方々、本当にありがとうございました(≧∇≦)/