1月16日〜20日ロンドンに行ってまいりました。

NPO法人蔦くらぶ主催 日英文化交流イベント JAPAN 2001公式参加プログラム
Reverberations of Love and Happiness

今回のメイン、Wigmore Hall でのReverberations of Love and Happinessコンサートは
尺八のDavid Wheelerさんはアメリカから、筝曲のBrian Yamakoshiさんはパリから、
同じく筝曲のMargaret H.Kuroyanagiさんはロンドン、ヴァイオリンのJunko Fukaboriさんはベルリンから
というメンバーでの演奏となりました。ロンドンで初顔合わせ。そしてリハーサル。
本番はそれぞれのコーナーの後、最後に名曲「春の海」を全員でアレンジして演奏しました。
今回映画に出てくるような鳴り止まない拍手を頂き、
(とても響のいいホールだから拍手もすばらしく聞こえるのねっ気持ちよかった〜〜〜っっ)
音楽をやっていてよかったな〜と改めて感じました。
並木さんをはじめ、スタッフのみなさん、蔦くらぶのみなさん、森田さん、ナオミちゃん、トモコちゃん、
みんなみんな本当にありがとうございました(@⌒▽⌒@)

 
London College of Music and Media(LCMM)にて、ワークショップ。
ここでは主に作曲の勉強をしている方々が集まってくださいました。
みなさんとても興味をもってくれて終わってからもみなさんとおしゃべり!
もっと英語が話せたらなぁ〜〜・・・


 
Wigmore Hall でのコンサート。
言葉にならないくらい素敵なホールでした!
  
東京へ帰る日、コンサートを見に来てくださったお二人が
お家に招待してくださいました。みんなで一緒にスコーンを
作ったり、犬とお散歩に行ったり、イギリスらしいとてもゆったりした
時間を過ごさせていただきました。短い時間だったけど
本当にのんびりした気分になれて、リフレッシュ〜〜!!
マキちゃん、サラさん、
ありがとう★・・・・\(゜▽゜@)(@゜▽゜)/・・・・★ありがとう