あんみ通、2年ぶりのミャンマーで〜す!!



ヤンゴン日本人学校で演奏。
会場でサウンドチェックをしていると何人か子供達が覗きにきて、きらきら笑顔で話しかけてくれました。
演奏が始まるとみんなの熱い視線があんみ通に!!
三味線を弾いてもらったり、大きな古時計をみんなで歌ってもらったり、本当に楽しいひとときを過ごさせてもらいました。
校長先生をはじめみなさん、ありがとうございました〜



お昼はシャン料理のお店へ連れて行っていただきました。
ここの麺料理「シャンカゥスエ」がちょ〜ちょ〜おいし〜〜〜っっ!!
シャン料理は本当に気に入ってしまいました。
おいしすぎて、気が付いたときは食べ終わってしまい、写真がないのでお店の看板です。



夜はあんみ通、初「シャコ」にトライ!!伊勢エビのように大きなシャコの唐揚げをいただきました。
初めてのシャコがこんなに大きいのはかなりビックリだったけど、とってもおいしかったです。



ホテルの部屋から撮ったシュエダゴンパコダです。



ずっとお世話してくださっている照屋さんの奥様と、照屋さんのミャンマー語の先生ボーさんが一緒にお買い物に行ってくださいました。
店先に並ぶものが二年前よりもかなりおしゃれになっていてビックリでした。
さて、今日はミャンマーの民族衣装ロンジーでスーツを作ってもらうことに。
ミャンマーの人は女性に限らず男性も含めて本当に殆どの人がロンジーをはいています。
民族ごとにいろんな柄があるんだよ〜!!
みんな顔に「タナカー」というミャンマー式メイクをして(これは子供と女性)、ロンジーに開襟シャツ。
肩からシャンバックをさげ、手にはお弁当箱、そしてビーチサンダル型の草履で歩いている。
そこで、男性スタッフもみんなロンジーを購入。男性は慣れないと上手に着れないらしく、真剣そのもの!!
とても暑いので「履きごこちはサイコー!!もうズボンは履けないねっっ」と言っていました。
さっそくロンジーはいてます〜〜



ミャンマーの人は親切で笑顔がとってもステキ☆^∇゜)みんなキラキラした天使のような目をしているんです。
ニコッとされると☆きゅん☆となってしまいます。
日本にも昔はこんな目をした人がたくさんいたんだろうな・・・
人々の信仰心はとても厚くて、パゴダを見ては車の中でも手を合わせる。
ミャンマーの人がとても親切なのはこの信仰心からきているのかもしれないな〜。



お昼はカレー。ここもとてもおいしかった〜〜〜
デザートにバナナの上に蜂蜜をかけて焼いたもの(写真)と、バナナの上にココナッツミルクをかけて蒸したものが出てきました。
これがまた美味!! 見た目よりもとってもさっぱりしていて、おなかいっぱいなのにまた食べてしまったぁ(^∇^;



ミャンマーの弦楽器(バンジョーにとっても似ていた)を、弾いている85歳のおじいちゃんが楽屋で弾き語りをしてくださいました。
沖縄で三線を弾いているおじいちゃんってかんじでした。



今日のコンサートは、初めてみる三味線にみんな真剣に聞いてくださいました。
そしてみなさんに協力してもらい、一夜漬けで覚えたミャンマー語の「花」は大盛り上がりでした!!わ〜いわ〜い\(^▽^)/