伊賀の旅

三重県伊賀の阿山町にやってきました。名古屋から2時間かからなかったので思ったより近くてビックリ!!
まずは伊賀の里「モクモク手作りファーム」へ。京都から作家の大歳昌彦先生と、天橋立温泉「文珠荘」の幾世ファミリーと合流しました。
モクモクは「おいしさと安心の両立」をテーマにモノづくりをし、養豚からハム・ウィンナーづくり、大麦の生産から地ビールづくり、お米の生産から和菓子づくり、小麦の生産からパン・パスタ・焼き菓子づくりと手づくりの行程を各工房で見学でき、実際に自分で手づくり体験もできるんです。
園内を見学をさせていただきました。お昼寝できるハンモックや、昔なつかしい竹馬(以外にもきんくみは竹馬得意でした)、ミニブタショーなども見せていただき、お昼は「農村料理の店もくもく」でお食事。これから行く伊賀焼き窯元「長谷園」の「ヘルシー蒸し鍋」でのお鍋を馬路村ぽん酢しょうゆをつけていただきました。素材の味が生きててすっごくおいしかった〜〜ヾ(●⌒∇⌒●)ノ 冬は鍋三昧に決定だねっっ 「かまどさん」で炊いたモクモクのごはんもサイコーっっ

  
そして伊賀焼き窯元「長谷園」へ。
こちらの築200年のお屋敷で今晩は演奏させていただきました。お屋敷の入り口には陶器が敷き詰めてあり、訪れたお客さんが陶琴と名づけたそうで歩くと心地よいカラカラという音がしました。「長谷園」で焼き上げた照明もすっご〜〜〜くロマンチック。.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))
今晩は幻想的な空間での素敵なLIVEになりました。
演奏終了後、ご馳走になったお料理も器もグッときましたね〜〜珍しい物もいただきました。この地域でしか採れないという「緋の菜(大根の一種みたい)」を肉味噌をつけて生で。ほんとおいしかったぁ。。。「長谷園」のみなさま本当にありがとうございました。

素敵な焼き物を見学させていただき、その後「登り窯」というとても珍しい釜を見せていただきました。


翌日、朝から温泉!!野天もくもくの湯は、ここ、阿山町西湯舟から湧き出た温泉です。日本全国数多い温泉の中でもかなり濃度の濃いよい温泉とのこと。
中にはひのきの大浴場、そして野天風呂は外に出ると山の斜面にそって石段があって、登っていくと自然石をくりぬ いた野天風呂が2つありました。りんごがたくさん入った「りんごの湯」と、一番上は木の葉の形のお風呂。まずはここでしっかり温まって「遠赤ねころびの部屋」へ。
ここは石のベットに30分間横たわり、自然の黙示石からの遠赤外線効果で身体を芯から温めてくれるということで、あんみ通も入ってきました。
15分くらいから玉のような汗が・・・ サウナは苦手なんだけどここは我慢できました。
体の老廃物が出た感じでとても気分爽快!!一週間に一回くらい入りたい・・・


午後はパンの手作り体験に挑戦。ゴマとサツマイモのパンを作りました。けっこう力がいるのであんゆか奮闘!!がんばった甲斐もあっておいしいパンが焼きあがりました。焼きたてはサイコーっっ
 

その後移動して「ぬくもり園」で演奏。おじいちゃん、おばあちゃんに聞いていただきました。
105歳の方もいらっしゃって「がんばんなさいよ〜」と言っていただき感激でした。
みなさん、元気で長生きしてくださいね〜〜


そしてまた夕方温泉と「遠赤ねころびの部屋」へ。女性で一日に二回もねころびの部屋に入った人は初めてよ〜と言われましたw(*゚o゚*)w
きゃ〜〜幸せ〜〜〜んヾ(≧▽≦)o東京に帰る前に伊賀焼き窯元「長谷園」さんへ。やっぱり「ヘルシー蒸し鍋」買ってしまいました〜〜\(^▽^)/
ちょ〜うれしいです。わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪さっそく明日から使お〜っと。

伊賀上野においしい伊賀牛のすき焼きやさんがあると名古屋を出てくる時に聞いていたので、お昼はそこに行くことにしました。「金谷」というお店で、店も町も風情があってとても素敵!しかも偶然一番景色のいい個室でした。ここのすき焼きは割り下を使わず砂糖と醤油のみで炊いていました。お肉がとろけてあ〜〜〜〜 みんなごめんねってかんじですぅ・・・
東京までのスタミナをつけたところでまた長時間ドライブです。道がすいていてラッキーでした。明日からもがんばるぞ〜〜!!