あんみ通はっぴーつあー あの詩の親子に逢いたい!編


【あの詩の親子に逢いたい!あんみ通出前コンサートツアー】

ある日、あんみ通は飛行機で移動中、JALの機内誌windsを読んでいました。
その中にとっても面白い小学生の詩が載っていて、2人で大うけ!!

よく見ると、いつもお世話になっている作家の大歳昌彦先生がこのページを企画なさっていたので、飛行機を降りてすぐに大歳先生に電話しました。

「この親子にあいた~い!!」 と♡

その詩を書いていたのは、小学三年生の時の岡平真潮くん。

真潮くんの詩は、1977年6月から発行されている高知県こども詩集 『やまもも』 (高知県児童詩研究会・編/高知新聞社・発行)に掲載されていたもの。
その 『やまもも』 の詩集から、JALの機内誌で紹介されていたのです。

「やまもも」 は高知の県花。食べてもおいしい果物ですよね。

でも、高知県の子どもたちにとって「やまもも」と言えば「詩集?」と連想する子が多いほど有名な詩集なのだそう。
昭和57年には第17回北原白秋賞(現児童詩教育賞)を受賞しているという 『やまもも』 なのです。

「会いたーい!」とラブコールしてからどんどん話が膨んで 『やまもも』 編集部の花方憲子さんを通して
念願の高知県佐賀町に住む真潮くん、ご家族の皆さんとご対面できることとなりました。
    
そして真潮君の通っていた小学校や、やまももに掲載された子どもたちのいる学校で
【 あの詩の親子に逢いたい!あんみ通出前コンサ-トツアー 】 が実現!!

このツアーは、高知新聞で取り上げていただいたり、RKC高知放送の「公園どおりのウイークエンド」で密着取材していただいたり、
RKCラジオ「ワローのごきげんワイド」に出演させていただいたりと、高知の方々にたくさん応援していただきました。

たくさんの方にお世話になって実現した、夢膨らむツアーをどうぞご覧ください。






こちらも見てね♡